三浦半島1DAYパスで楽しむ絶品まぐろとミサキドーナツ

三浦半島 1 dayパス


昨日は【三浦半島 1 DAYパス】を使って
究極の 1 日を過ごせた。

美味しいまぐろに舌鼓、その上ドーナツも。
日本滞在のいい想い出ができた 1 日だった。


三浦半島 1 DAYパス】とは、
簡単に言うと、三浦半島フリー乗車券

自分が乗る駅からの往復切符代に、
下記のフリー区間が入っている。

・ 金沢文庫以南の京急線全線

・ 金沢八景以南の京急バス全線

これらが乗り放題。

三浦半島を周るには、京急バスに
乗ることが多い。
だからこれはとてもお得。

例えば 品川から出発する場合には、
品川から金沢文庫までの切符代は
1000 円かかる。

この【 三浦半島 1 DAYパス】を品川で
買うと1980 円。
よってフリー部分は 980 円となる。

三浦半島は、西海岸はバスしか
走っていない。
バス代は距離によって違うが
あちこち見て周るには、バスに
乗らなければならないので、
使い方によっては大きなメリットがある。

三浦半島の観光スポットは、ネットで
調べるといろいろ出てくるから
ここでは割愛。

私は友人 3 人と三崎口近辺で
1 日楽しんだ。
友人の 1 人が遠くから来ているのと、
高齢の母親が家にいるので、あまり
遅い帰宅はできない。

三崎口近辺で遊ぶとなると、

・ うらりマルシェ

・ 海南(かいなん)神社

・ ” にじいろさかな号 “での海中散歩

ちょっと離れたところでは、

・ ソレイユの丘
 (大人も子供も愉しめる体験型総合公園)

・ ドブ板通り
 (商店街、ディープな横須賀を味わえる)

・ 軍艦めぐり
 (ご当地クルーズ)

などを考えていた。


もちろん、

・ 八景島シーパラダイス

・ 三井アウトレット

に行くこともできる。

これらは横須賀方面に詳しい
友人が考えてくれたコース。

彼女は率先して、コースを決めたり
金額の掲示をしてくれるので、
このような計画を立てるときには
いつもお世話になっている。



うらりマルシェと絶品まぐろに舌鼓


【うらりマルシェ】とは、
採れたての三浦野菜と、まぐろの
産直センター。

1 階が「さかな館」、2 階が「野菜館」
となっている。

行き方は京急三崎口で降り、バスに乗って、
” 三崎港 ” で降りる。
そこから徒歩 3 分ほど。

このバス乗り場だが、バス停は 2番。
私達が行ったときは、すでに大勢並んでいた。
その列が1番のバス停を通り越して
続いていた。

だから 1 番に並んでいる人なのか、2 番に
並んでいる人なのか、どちらかわからない。
後から来た人達も「この列は 1 番の列なのか
2 番なのか、どちらだろう」
と口々に言っていたので、同じだったと思う。

平日でこれだから、休日ならもっと
わかりにくいだろう。

【うらりマルシェ】に着く。
潮風がとても気持ちがいい。
うらりマルシェの中は、あまりお客は
いなかった。
朝着いてすぐに買う人は、まずいない
からだろう。

ここで買うのは、帰るとき。
郵送もしてくれるが、少量なら持って
帰るほうが早い。
でも生ものだと、1 日中持ってはいられないし、
それに荷物になる。
だから、どのような物があるか見ただけだったが、
まぐろは余すことなくすべての部位が
売られていた。

・ まぐろの目玉

・ まぐろの胃袋

これらは私は食べたことがない。
胃袋はあとで味わったが・・・。

まぐろが一番多いが、アジの干物や佃煮
海苔なども売っていた。
ちなみにマルシェの隣には、レンタサイクルが
たくさん並んでいた。

帰りに何を買うか見当だけつけて
予約を入れていた ” 〇ツネ ” に向かう。

ここも友人が前もって予約を入れておいて
くれた。
昨日も混んでいたが、休日はとても
混むらしい。

この 1 DAYパスには「みさきまぐろきっぷ」
と書かれている。
私達が予約を入れていた店は、提携している
店だったらしく、私が注文した料理は
おすすめ料理のうちのひとつだった。

「まぐろきっぷで食べると、お味噌汁は
つかない」と言われたが、問題ないので
それを注文した。

これは三崎口の駅にあった
『三浦半島1DAYパス』の宣伝用の看板で
見た料理。
まぐろがとても美味しそうに見えた。

出てきた料理も、看板で見たものと同じ。
かえって看板よりも、豪華だった気がする。

2段になっていて、上の段には、
中トロ、ビンチョウマグロ、赤身、まぐろの
卵と胃袋、旬の地魚、サザエ、生しらすが
入っていた。

上段



下の段には酢飯に卵が散らしてあり、
ボリュームもある。

下段

こちらはお弁当。

弁当


どちらも、絶品としかいいようがない。
とても満足のいく食事だった。



神社へお参りした後は、有名なミサキドーナツのお店に


昼食の後は、” 海南神社 ” へ歩いて向かった。
お腹いっぱい食べたので、ちょうどいい
散歩になる。

この辺はまるで、昭和の町並み。
うらりマルシェにたくさんの芸能人の
サイン入りの色紙があったが、
この町並みを背景に映画を撮ったのだろう。

その古めかしい町並みを見ながら
歩いて行くと、海南神社があった。

海南神社



この神社は「食の神様」と書かれていた。
頼朝お手植えの御神木や、龍神様の形をした
御神木などがある。

その神社でおみくじを釣った。
と言うのは・・・
まぐろの形をした陶器のおみくじが、たらいの
中にたくさん入っている。

色も青、黒、ピンクといろいろあり、
そばにこのおみくじを釣り上げる釣り竿が
置いてある。

私はピンクを釣ったのだが、これは出会い系の
おみくじだった。

おみくじ釣り


知ってたら、他の色を選んだのだが、
既に遅し。
引いたおみくじでは、出会いはまあまあの
中吉だった。
茶飲み友達でもできるかな?


ここには先に書いたように、竜神の形を
した木もある。

竜神の御神木

ここでお参りをすませて、うらりマルシェに
戻った。
ここで友人は、野菜や魚を買った。
私は日本滞在もあとわずかだし、
この前行った熱海で買った干物も
冷蔵庫にまだ残っている。

だから何も買わなかった。
美味しいまぐろに舌鼓を打ち、十分に
味わったからそれだけで満足。

うらりマルシェの横にプリクラがあった。
遊び心で4人で撮る。
機械の案内についていくのが大変だったが、
なんとか 4 人一緒の写真が撮れた。

全員シワが全くなく、別人のよう。
10 歳?イヤ、もっと・・・
20歳以上若返ったかもしれない。


その次に向かったのは
「ミサキドーナツ」の本店。
手作りのドーナツとして知られている。
小さなお店だったが、混んでいた。

ここではシンプルな ” きなこドーナツ ” を
買った。

三崎ドーナツ



このお店はテイクアウト用に
京急の電車が描かれた箱が置いてあった。
この箱は100 円だが、可愛いので
お土産にはちょうどいい。

テイクアウト用ボックス



箱がいらなければ袋に入れて
くれる。
袋はもちろん無料だ。

お店の外にあるテラスで、町並みを
眺めながら食べるドーナツ。
これも絶品だった。

ドーナツを食べ終わって、時計を見ると
午後 3 時過ぎ。
友人のひとりは高齢の母親が待っているし、
家に帰るまで時間がかかる。

そこでバスで三崎口に戻り、帰ることにした。

お天気もよかったし、楽しい 1 日を過ごせた。
この日も、日本滞在のとてもいい想い出が
できた。

ちなみに友人のひとりは軍艦巡りがしたかった
ようだが、あいにく当日券は売り切れだった。
軍艦巡りをするなら、前もって購入したほうが
よさそうだ。
前売り件はネットから購入できる。

また私を含めて 3 人は横須賀に近いため
今回周遊はしなかった。
もし三浦半島を思う存分楽しみたかったら
早目に出るか、「2 DAYパス」もあるので
これを利用するのもいいだろう。

三浦半島は見どころがたくさんあるし、
まぐろは絶品。
お天気に恵まれれば、究極の 1 日となること
間違いなし!


Amazonで書籍を出版しています。
どうぞこちらからご覧くださいませ。

書籍紹介


コメント

タイトルとURLをコピーしました